体に良くておいしい食べ物を狙うなら沖縄料理がおすすめです。なぜでしょうか。

和食は?洋食派?レストラングルメを語るサイト

和食は?洋食派?レストラングルメを語るサイト

医食同源の食文化を楽しむ

世界各国の料理で食べられないものはないと言えるほど、さまざまなレストランが日本にあります。
日本各地の郷土料理を提供しているお店は、イタリアンやフレンチに比べると明らかに数が少ないと言えるかもしれません。
あるとしても和食のレストランのメニューに含まれているか、期間限定である特定の地方の料理を扱っているかもしれません。
いずれにしても、日本国内であれば現地に行って味わうという発想もできるでしょう。
和食のレストランの中で沖縄料理を扱っているお店、あるいは泡盛など沖縄のお酒を中心にして営業している居酒屋があります。
沖縄は長寿の県ですから、きっと体にいい料理が提供されているに違いありません。
沖縄には、本州ではあまり味わうことのない食材があるために、それらをベースに独特の発展を遂げた料理がたくさんあります。
さらに、医食同源の発想が強いことから、身近にある体にいいものを摂取して、医者いらずの健康的な生活を長く送ろうという発想もあります。
とくに中国からもたらされたといわれる豚肉を用いた調理に関しては、ほとんどすべてを食べるのではないかと言えるくらい徹底的に食材として利用しています。
さらに、一般的にわたしたちが食べている木綿豆腐よりも少し水分の少ない豆腐を用いた料理も、なかなか他の和食のレストランでは味わうことのできない食感となっています。
なんといっても沖縄料理を語るうえで欠かせない食材がゴーヤーでしょう。
独特の苦みがあるために好ききらいがわかれるかもしれませんが、調理方法によっては驚くほどおいしく召し上がることができます。
とにかくビタミンAが豊富なので、沖縄料理が特に好みというわけではなくても、家庭の料理における食材として加えている方も少なくないと思います。
さらに、海の囲まれた島だけに、海藻の用い方にも工夫がもたらされています。
海藻がわたしたちの体に与える望ましい影響については言うまでもないでしょう。
さて、沖縄の料理には泡盛がつきものというわけではありませんが、沖縄料理のお店で味わうと、たしかに食とマッチしていると感じられるはずです。
古くはシャムから伝わってきた技術を参考にしていまのかたちになったわけですが、これもまた独特のクセがあるために、好き嫌いがわかれるところとなっています。
脳卒中や心筋梗塞、動脈硬化を防ぐ効果があると言われていますが、強いお酒なので適量にとどめておくことがポイントと言えます。
実際に沖縄で味わうもよし、和食のレストランで試してみてもおいしい沖縄料理を近いうちに食べましょう。
オススメのサイト