餃子に小龍包に麻婆豆腐…中華料理店には、美味しそうな料理が豊富に揃っています。しかし、マナーをしっかりと身につけていないと、思わぬ恥をかいてしまうことにもなりかねませんか

和食は?洋食派?レストラングルメを語るサイト

和食は?洋食派?レストラングルメを語るサイト

中華料理店で食事をする時のマナー

本格的な中華料理店に行った時は、テーブルマナーに気をつけなければなりません。
うっかりマナーに反する行為をしてしまうと、恥ずかしい思いをしてしまうことになります。
そうならないようにするためにも、本格的な中華料理店に行く前には、必ずテーブルマナーを身につけておくようにしておきましょう。
まず、中華料理店で食器を使うときのマナーについてお話していきたいと思います。
中華料理店では洋風レストランなどとは違ってお箸で食事を食べるので、日本人にはなじみやすいと言えます。
しかし、食器の扱い方で少々違いが見られるため、注意が必要です。
基本的に日本人は、食事をするときに食器を手に持って食べるというのが習慣となっています。
むしろ、食器を持ち上げないまま食べるというのは「マナーが悪い」という認識が強く、外でやってしまうと周囲から冷たい視線を浴びせられてしまうことになりかねないのです。
一方、中華料理店では食器は持ち上げないことがマナーとされています。
つまり、私たちが当たり前のようにやっている食器を持ち上げて食べるのは、マナー違反ということになってしまうのです。
また、中華料理店で食事をするときは、ターンテーブルでの食事になると思います。
そこで、ターンテーブルでの食事で気をつけたいことを頭に入れておきましょう。
まず、他の人がターンテーブルから料理をとっているときにテーブルを回してしまうのは、当然NG行為となります。
また、自分が使ったお皿はターンテーブルの上においてしまうことのないように気をつけましょう。
そして日本人が宴会などのときについついやってしまいがちな「お料理を立って自分の食器に取る」という行為ですが、これも中華料理店ではNG行為とされています。
遠くのメニューが気になっても、無理に取ろうとしたりせずにターンテーブルが回って自分のところに来るまでおとなしく待つことが重要です。
更に、大皿から各々取り分けるタイプの食事ですと、自分の分だけでなく人の分まで取り分けてしまうことがありますが、実はこれも中華料理店ではNGです。
お料理のとりわけは各自、自分の分だけ行うようにしましょう。
そしてもう一つ、日本人がよくやってしまいがちな行為で中華料理店でやってしまってはマナー違反となることがあります。
それは、熱い料理を食べるときに、息を吹きかけて熱を冷まそうとする行為です。
これは、中華料理店ではマナーの悪い行為となってしまいますから、普段よくやっている人は特にやらないように気をつけてくださいね。
オススメのサイト